HOME > Club U-NEO
 クラブ U-NEO
 [記事の投稿]
自由に参加できる写真がメインの掲示板です。
自慢の愛車の写真や・自分なりの楽しみ方・オリジナリティー等をどんどん紹介してくださいネ。
また面白かった事・クルマで出かけたときの写真・風景など..その他愛車自慢の写真も大歓迎!!

[前のページ]  [次のページ]  [最新ページ]
 ◆21年ぶり「センチュリー」フルモデルチェンジ    情報提供: U-neo自動車ニュース 様   投稿日 2018.11.1
 
トヨタ自動車は「センチュリー」を21年ぶりにフルモデルチェンジして発売した。

V8 5.0リッター+THS IIのハイブリッドモデルに。JC08モード燃費13.6km/L

先代センチュリーのV型12気筒5リッターエンジンに代わり、新型はV型8気筒5リッターにハイブリッドシステムを加え、環境性能も大幅に向上した。

「継承と進化」を開発テーマとし、匠の技と高品質のモノづくりを承継しつつ、ハイブリッド化による高い環境性能と、新しい魅力を付与した内外装デザイン、ショーファーカーとしてふさわしい先進・快適装備を付与。

乗り心地、静粛性、走行安定性を一段と向上させているという。

価格は1960万円。
月販目標台数は50台
[No.1924]
 ◆ジープ・コンパスにブラックルーフの限定車    情報提供: U-neo自動車ニュース 様   投稿日 2018.11.1
 
FCAジャパンは、ジープ「コンパス」の限定車「Limited Black Roof Edition(リミテッド・ブラックルーフ・エディション)」を発売した。

メッシュクロス/レザーのコンビネーションシートを初採用


販売台数は限定190台。
価格は413万円。
[No.1923]
 ◆レクサス 新型ハイブリッドセダン「ES」を発売    情報提供: U-neo自動車ニュース 様   投稿日 2018.11.1
 
レクサス「ES」は同ブランド立ち上げ時からラインアップされるミドルサイズの4ドアセダン。

1989年に初代モデルがリリースされた後、1991年、1996年、2001年、2006年、2012年とモデルチェンジが行なわれ、2018年に登場する新型「ES300h」は7代目となる。

「デジタルアウターミラー」や「スウィングバルブショックアブソーバー」を世界初採用

価格は580万円〜698万円
[No.1922]
 ◆光岡自動車 「デビルマンオロチ」    情報提供: U-neo自動車ニュース 様   投稿日 2018.11.1
 
光岡自動車は、アニプレックスが製作した「DEVILMAN crybaby(デビルマン クライベイビー)」とコラボレーションしたDevilman Orochi(デビルマン オロチ)を限定販売すると発表した。

今回のコラボレーションは、永井豪氏の画業50周年と光岡自動車が創業50周年を迎えたことで実現。

また、「DEVILMAN crybaby」(デビルマン クライベイビー)の、メインキャラクター「飛鳥了」が乗るクルマとしてオロチが登場する。

流線形の赤い車体にデビルマンの顔やウイングをイメージした黒のデザインをあしらった。

光岡自動車の創業年にちなみ、価格は1968万円。
[No.1921]
 ◆日産「ノート e-POWER NISMO S」    情報提供: U-neo自動車ニュース 様   投稿日 2018.11.1
 
日産自動車は「ノート e-POWER NISMO」に新グレード「ノートe-POWER NISMO S」を追加して発売した。

ノートe-POWER NISMOに搭載されていた最高出力109ps、最大トルク254Nmのパワーユニットを同136p、同320Nmへと、最高出力で25%、最大トルクで26%向上させている。

また、パワーユニットの出力向上に合わせ、ノートe-POWER NISMO Sではドライブモードを4パターンから6パターンに変更。
「S」と「ECO」の両モードにも「Bレンジ」が追加された。

補強を加えたシャシーはノートe-POWER NISMOと同一。

フロントクロスメンバーやフロントサスペンションメンバーステー、前後のトンネルステー、リアのサスペンションメンバーステー、テールクロスバーなどで強化している。

価格は267万1920円。
レカロシート付車は294万1920円。
[No.1920]
 ◆世界初 エアコン付きバイク用ヘルメット    情報提供: U-neo自動車ニュース 様   投稿日 2018.11.1
 
Feher Helmets社が作ったエアコン内蔵ヘルメット「ACH-1」

熱電素子技術と特許出願中の管状布素材のおかげで、ヘルメットの内部は涼しい空気が循環し、走行中に理想的な温度を保つ事が出来ます。

このヘルメットはロールス・ロイス、ベントレー、フェラーリ、インフィニティ、レクサス、GM車の座席を冷やすために使用されている実証済みの技術を利用しているとのこと。

価格は、549.99ドル(約6万2,300円)だそうだ。
[No.1919]
 ◆アウディ「A7 スポーツバック」フルモデルチェンジ    情報提供: U-neo自動車ニュース 様   投稿日 2018.9.22
 
アウディ ジャパンは、4ドアクーペ「A7 スポーツバック」をフルモデルチェンジして発売した。

自動運転関連技術では、レーザースキャナーを含む最大23個ものセンサーやカメラの統合制御による高度な運転支援システムを搭載するなど、安全性と快適性を大幅に向上。

パワートレインでは、高効率なV6 3.0Lガソリンエンジンと最新のquattro(4輪駆動)システムの採用により、スポーティな走行性能と低燃費を両立。

さらに、新型A8と同様、48V電装シスムを主電源とするマイルドハイブリッドドライブシステムが搭載し、高効率なエネルギー回生や低負荷時にエンジンを停止することで、100km走行あたり最大0.7Lの燃料消費を低減。

価格は「A7 スポーツバック 55 TFSI クワトロ debut package」が988万円、
「A7 スポーツバック 55 TFSI クワトロS-line」が1066万円。
[No.1918]
[上へ]