HOME > Club U-NEO
 クラブ U-NEO
 [記事の投稿]
自由に参加できる写真がメインの掲示板です。
自慢の愛車の写真や・自分なりの楽しみ方・オリジナリティー等をどんどん紹介してくださいネ。
また面白かった事・クルマで出かけたときの写真・風景など..その他愛車自慢の写真も大歓迎!!

[前のページ]  [次のページ]  [最新ページ]
 ◆アストンマーティン『007』仕様の「DB5」    情報提供: U-neo自動車ニュース 様   投稿日 2018.11.27
 
アストンマーティンは20日、映画『007』シリーズの制作会社であるイーオンプロダクションズとともに1963年から1965年にかけて生産された「アストンマーティンDB5」を28台限定で再生産すると発表した。

1964年に上映された映画『007 ゴールドフィンガー』の劇中車にならった仕様で、『007』シリーズの特殊効果スーパーバイザーであるクリス・コーボールド氏と共同で開発した回転式のナンバープレートなどを装備。

価格は275万ポンド(約3億9000万円)。ただし、公道走行不可だそうだ。
[No.1931]
 ◆ホンダ 新型「CR-V」    情報提供: U-neo自動車ニュース 様   投稿日 2018.11.27
 
本田技研工業は、新型ミドルクラスSUV「CR-V」を発表した。

2016年8月をもって国内での販売が終了していたCR-Vが復活。

5代目となる新型の目玉は、3列シート仕様を用意するとともに、ハイブリッド車にも4WDを設定。

走りのよさにもこだわった技術面でのハイライトは、新世代のプラットフォームを採用。

サスペンション形式は、フロントは従来通りマクファーソンストラット式で、リアはダブルウイッシュボーン式からマルチリンク式に変更。
乗り心地の向上のために、前後のコンプライアンスブッシュには液封タイプが採用されている。

価格は323万280円〜436万1040円。
[No.1930]
 ◆スバル、新型「フォレスター」発売    情報提供: U-neo自動車ニュース 様   投稿日 2018.11.27
 
スバルは、新型「フォレスター」発売した。

更にフォレスターで初となるハイブリッド車(HV)も発売する

先代までに用意されていた2リッター・ターボエンジンは、最高出力280馬力/最大トルク350Nm。
「WRCで活躍する速いクルマ」というのがスバルの価値だった。
しかし、現在は「アイサイトを備えた安全なクルマ」を求める声が大きくなっている。
4WD技術も、いかに「速く走るか」から、いかに「安全に走るか」という目で見られるようになっているから、ターボ車の設定は廃止となった。

「アイサイト」を標準搭載、安全性能などを向上。価格は280万8000円〜
[No.1929]
 ◆「ボロボロ」のプリウスの正体は!?    情報提供: U-neo自動車ニュース 様   投稿日 2018.11.2
 
この写真のプリウスは決して廃車寸前のボロボロのクルマではなく、列記としたドレスアップアップ車だそうだ。

サビはシートに印刷したものを貼り付けてあり、いわゆるカーラッピングというものだという


「サビたボロボロのラッピングはアメリカでは『ラット・スタイル』と呼ばれ、古くから人気があるという。

ラットは『どぶねずみ』という意味だそうだ。

近未来的なイメージがあるプリウスをサビだらけにしたら仕様がこの写真。

サビプリウスの総工費は約70万円だという。

サビ加工はオーダーメードの一点もので、プリウス以外の車種にも施すことが可能だという。
[No.1928]
 ◆ホンダ ロボット芝刈機「Miimo HRM520」    情報提供: U-neo自動車ニュース 様   投稿日 2018.11.2
 
本田技研工業は、電動のロボット芝刈機「Miimo(ミーモ)HRM520」を発売した。

エリアワイヤー内の芝を自動刈り取り。夜間用の低速走行モードも搭載。

価格は53万7840円。
[No.1927]
 ◆フィアット てんとう虫をモチーフにした特別仕様車    情報提供: U-neo自動車ニュース 様   投稿日 2018.11.1
 
FCAジャパンは、「Fiat 500(フィアット500)」の特別仕様車「Fiat 500 Super Pop Coccinella(スーパーポップ ・コッチネッラ)」を200台限定で販売した。

「フィアット 500 スーパーポップ ・コッチネッラ」は「1.2 Pop」をベースに、幸せを呼ぶラッキーアイテムとしてCoccinellaエンブレムやCoccinellaステッカーを付加した限定車。

車名の「コッチネッラ」は、イタリア語で「てんとう虫」を意味し、幸せを運んでくれるシンボルと言われている。

ボディカラーは、人気のボサノバ ホワイトとブルーヴォラーレの2色を設定。

185万2200円(税込)
[No.1926]
 ◆ランボルギーニの新型車「ウルス」日本初公開    情報提供: U-neo自動車ニュース 様   投稿日 2018.11.1
 
イタリアの高級車メーカー、ランボルギーニは、新型SUV「ウルス」を日本で初公開した。

最大5人乗りのウルスは、排気量4000ccの高出力エンジンを搭載し、走行状況に応じて車高や横揺れを調整する機能を持つ。

最高速は時速305キロ。市販SUVで最速だそうだ。

価格は税別2574万円
[No.1925]
[上へ]